The society for promoting the international exchange of music loving children.


音楽を愛する世界のスズキの子どもたちの交流を促進して27年

HOME > プロフィール

すみれの会】代表 村上 豊 (社)才能教育研究会 関東地区ヴァイオリン科指導者

   

murakami.jpg村上 豊 【すみれの会】代表1938年長野県生まれ。ヴァイオリンを鈴木鎮一先生に師事。国立音楽大学音楽学部入学。鷲見三郎、ウォルフガング・ミュラー両氏に師事。同大学を首席で卒業、各音楽大学首席による「新人演奏会」出演。61年東京交響楽団入団。 62年、読売日本交響楽団創立に携わり、団員となる。在籍中より指揮法を山田和雄氏に師事。楽団在籍中、東京農業大学オーケストラ常任指揮者として7年間務める。75年鈴木先生のもとに帰り、スズキ・メソードの指導者となる。88年、音楽を愛する世界の子どもたちの交流を促進する「すみれの会/The Violet Society」を創立し、代表となる。各地の音楽祭、音楽学校交流、各国スズキ協会生徒との交流を20年以上続ける。97年にドイツ・ローテンブルグ市より「名誉市民章」、99年国際ソロプチミスト協会より貢献賞、クラブ賞、地区賞を受賞。2006年ドイツ国際交流協会「OIK」より感謝状を受ける。07年ドイツ国際交流協会「OIK」が新設した「音楽賞」第1号を受賞。08年5月「第13回松下幸之助に学ぶPHP塾/松下政経塾」において、「個性を伸ばす」の題で講演。09年1月オーストラリア・ゴールドコーストに「日豪青少年音楽祭」を創立。